Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3456
生徒との楽しい思い出 | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

生徒との楽しい思い出

      2014/08/24

 

反抗期真っ盛りの中学生を相手にするということで、初めの頃私はかなり緊張していた。

 

しかし実際関わってみると、こちらをからかおうとしたり、

ふざけて絡んでくることはあったが、皆素直な良い子達だった。

 

校舎内で迷子になっていると進んで道を教えてくれるし

(最初の頃はしょっちゅう迷っていた)、

掃除の時間に私が面倒な所に取りかかろうとすれば、

「先生、いいよ、やるよ。」

と代わってくれたりもした。

 

給食の時は、各クラスを周り、生徒達に混じって給食を食べるよう言われた。

はっきり言ってこれは面倒くさかった。昼食の時間くらいゆっくりさせて欲しかった。

 

ちなみに同時期に市内の小学校で働き始めた姉は、

他の担任外の先生方と一緒に職員室で食べていると言っていた。羨ましい。

 

どうせまた面倒くさく絡んでくるんでしょ?と思いながら、

5,6人のグループになっている生徒達の所へ案内された。

 

しかし、予想に反して、生徒達は大人しかった。むしろ静か過ぎた。

逆に沈黙に耐えられなくなって、こちらから話しかけてみた。

 

「皆は何部に入ってるの?」

私の正面に座っていた女の子が、

隣の子と顔を見合わせてから、小さな声で恥ずかしそうに、

「えっと、私はテニス部で、こっちは陸上です。」

と答えた。

「そっか。部活楽しい?」

そう聞くと、はにかみながらコクンと頷く。なんだ、可愛いやんけ。

それからも他愛ない質問をいくつかしたが、給食の時間が終わる頃には大分打ち解けた。

「入れてくれてありがとね。楽しかった!」

そう言って席を立つと、初めの時のように顔を見合わせて、

「ありがとうございました。」

と小さな声で言ってくれた。

その後は授業等でも接していくうちにだんだんと顔を覚えてきて、

給食の時間は私にとってとても楽しいものになった。

 - やりがい, メリット, 仕事内容 , ,