Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
教員の憂鬱を吹き飛ばす | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

教員の憂鬱を吹き飛ばす

      2015/06/20

 

以前もお話しした通り、生徒との関係がある程度出来上がるまでは、

学校に行くのが憂鬱なこともあった。

 

精神的に追い詰められ、休職や退職を余儀なくされるケースも多いというお話も何度かしているが、

正直あの状況が何年も続いたらと想像すると、そうした教員の現状に妙に納得してしまう。

 

学校にいる間は息つく暇もない上、生徒達との壁を感じていた。

 

私の場合は、生徒達と同じ中学生の頃の自分を思い出し、

彼らの立場に立つことで関係を築くことができたが、

そのままスケープゴートになってしまう教員もいるだろう。

 

毎日が憂鬱になり、そのまま精神を病んでしまうのも想像に難くない。

それだけ中学生は難しいのだ。

 

何故かと言えば、彼ら自身に余裕がないのだ。

 

傷付き易く孤立するのが怖いから、

無意識に自分以外に孤立する存在を作りたがる。

そうすれば、手っ取り早く自分が一人になるのを防ぐことができるからだ。

 

知らないうちにこれに巻き込まれてしまうと、

教員の方が自身に問題を感じ、追い詰められてしまう。

一体どうすれば、こうした事態を避けられるのだろうか。

 

人は不思議なもので、相手によって態度が変わってしまう。

基本的には穏やかな人なのに、どういう訳かある人にはやたらと高圧的だったり、

なぜかこの人の前だと失敗が増えるというよえなことは、誰でも経験したことがあるだろう。

 

この役割は、接している間にお互い無意識の間に決めてしまうのだ。

 

対極にある役割を担うことでバランスを取る。

相手が攻撃的だと卑屈になり、相手が卑屈だと攻撃的になる。

 

多数の生徒に攻撃的になられると、なすすべなく卑屈になって、

おどおどしたり失敗が増える。生徒は更に攻撃的になり、

教員が更に卑屈になる。

 

この悪循環を止めるには、「卑屈キャラ」をやめることだ。

 

一旦落ち着けば、自分がやればできることを思い出し、

余計な失敗することはなくなる。

 

「どうして生徒が攻撃的になるのか」生徒の立場に立てば、

彼らの不安に気付き、心の余裕が生まれる。

こちらが堂々とすれば、相手は攻撃しなくなる。

 

もちろん、教員が攻撃側になってしまうこともある。

 

その時も同じように、「どうしてこの子はこんなにびくびくするのか」

「落ち着いてみれば、この子はやれば出来るじゃないか」と、

相手の立場に立ち、「攻撃キャラ」をやめれば良い。

 

この考え方は、どんな人間関係にも使える。

 

 - 大変なこと, 悩み , , , , ,