Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
わがままな子が増えている?教員の辛い現状 | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

わがままな子が増えている?教員の辛い現状

      2015/04/11

個性の尊重だとか、叱らない子育てとか言われるようになって久しい。

しかし、この流れに敢えて待ったをかけたいのだ。

 

家で一人か二人の子どもを見ているお母さんなら、

叱らずに子どもの個性を尊重出来るかもしれない

(ちなみに私にはできる気がしないが)。

 

しかし、学校に行けば数十人の児童や生徒に対して

教員が一人なのである。

 

いちいち個性を尊重して、

叱らずに管理する方法があるのなら、

是非お伺いしたいものだ。

 

家で叱られないから、学校でもわがまま勝手に振る舞うようになり、

先生は大変になる。

 

でも叱るなとか手を上げるなとか言われるから、どうにも手が付けられない。

 

それを見た他の子どもも、好きなことをして良いんだ

とばかりに勝手に振る舞い始める。学級崩壊の出来上がりだ。

 

躾について「子どもを人間にしていく作業」と定義している

教育者がいて、なるほどなと思った。

 

学校は小さな社会で、社会には秩序が必要なのである。

 

私達が暮らす社会も、他人に迷惑を掛ければ罰せられるから、

わがままに振る舞うことができない。

 

それで秩序が保たれているのだ。

罰がなければ、善良な大多数の人は多大な迷惑を被ることになる。

 

叱られたり罰せられたりしなくても平和な世の中は理想であるが、

一人でも秩序を乱す者がいれば、他の人々が困るだろう。

危険に晒されることだってある。

 

複数の「人間」になっていない者を、

罰を与えることなく管理しろと言うのだから、無茶ぶりも良いところだ。

 - 大変なこと, 悩み , , , , , ,