Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
無口な教員ってどう? | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

無口な教員ってどう?

      2015/06/20

教員経験があると話すと、「授業中ぼそぼそ喋るような先生って、やっぱり職員室でも無口なの?」と聞かれることがある。
残念ながら、教員になると他の先生の授業を見る機会が余りないので、職員室の様子が解っても、授業の様子が解らず比べられない。
しかし、教育実習の受け入れ先が卒業した高校で、この学校が私立だったので、自分が生徒として通っていた頃の先生が、実習でお世話になった時もほとんど残っており、職員室での様子も多少知ることが出来た。「多少」と言うのは、私の実習先では実習生控え室があり、普段実習生はそこにいたからだ。
ちなみになぜか体育の実習生は体育教官室が控え室になっていた。スポーツが盛んな学校で、体育教官はマッチョで恐い先生ばかりだったので、本当に気の毒だった。たまに私達のいる実習生控え室に来ては、体育教官に捕まって引き摺られて帰って行った。彼らによれば、授業での印象と教官室での印象にギャップはないようだ。
私達も、少しはかつて授業を受けていた先生の職員室での様子を見ることも出来たが、こちらも大概はそのままという印象だった。授業中無口な先生は、普段も口数が少ない。
教員をやってみた経験から、無口な教員って相当辛いだろうなとは思う。
授業中はほぼ喋り通しだし、登校時や清掃時の指導中も、生徒と話さないことには指導にならない。職員室でも他の先生とコミュニケーションをとることが多い。
喋るのが好きでも大変なのに、無口な教員がどんな気持ちで1日過ごしているのか、ちょっと聞いてみたい気もする。

 - 資質