Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
臨時採用教員について | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

臨時採用教員について

      2015/06/20

依然として高倍率の教員採用試験に合格できなかった場合は、臨時採用の教員として働く道がある。教員として働きながら勉強を続けて採用試験に再チャレンジすることも可能だ。臨時採用で仕事をしていれば、当然児童や生徒の前で授業をすることになり、採用試験の模擬授業でも格段に有利になる。しかしその分、採用試験のための勉強時間は取りづらくなるというデメリットもある。
臨時採用教員は講師とも呼ばれており、常勤講師と非常勤講師の二種類がある。常勤講師は、産休や病気などで長期間休むことになった教員の代わりを務める教員のことで、勤務時間も勤務内容も、正規の教員と変わりないのだ。校務分掌や部活動の顧問の他、担任を任されることもある。教員としてフルタイムで仕事をしながら勉強をするのは、精神的にも肉体的にも大変だろう。
しかし、給与などの待遇面も若手のうちは正規の教員と変わらない都道府県が多い。ボーナスも支給されるし、健康保険にも加入できる。教員採用試験に合格して晴れて教員になれば、臨時採用教員時代も教員の勤続年数として数えられる。教員にとっての勤続年数は、給与や管理職試験の受験資格に大きく影響する。
また、結婚や出産で一度家庭に入った人が、臨時採用教員となる場合も多い。私と私の姉はこのパターンである。私は出産のタイミングと重なったこともあり、契約を更新しなかったが、姉は小学校の教員を続けてもう8年目に入る。今では担任も持ち、恐らくこれからも教員を続けるだろう。
私にとっても、短い教員生活は良い経験になった。社会人としても母親としても、教員の立場から学校の内部を見られたことは、今後も役に立つだろう。
まだはっきりとやりたいことが決まっていない場合や、時間的精神的に余裕がある場合、もし通っている学校に教職課程があれば、教員免許を取得することをお勧めする。きっと視野を広げてくれるに違いない。

 - 種類