Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
教員は楽な仕事かどうか | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

教員は楽な仕事かどうか

      2015/06/20

教員の経験があると話すと「やっぱり大変だった?」と聞かれることも多い。教員の忙しさについては前回も少しお話しした通りだし、その他にも様々なプレッシャーや生徒との関わりの難しさもあり、「まぁ、大変だったかな。」と答える。
しかし、私が経験したのは教員という仕事のほんの一部である。進路指導や部活指導の経験の経験もなければ、生徒指導部の仕事も経験していない。生徒指導部では、服装規定の検討から、生徒の問題行動への対処、通学指導、紛失物や拾得物の管理、学校行事の際の安全警備、指導相談などを中心となって行う。見回りなど学校外の仕事も多く、生徒が問題行動を起こすようなことがあれば、時間外の勤務になることも多い。
楽な部分があるとしたら、やはり「安定している」という点である。給料は平均より高く安定しているし、リストラされる心配もない。私の両親は元地方公務員なのだが、ある時期母の部署にすごい人がいた。どうすごいのかと言うと、毎週月曜日には二日酔いで出勤して来るのだという。仕事にならずに早退することも、一度や二度ではなかったそうだ。
「え…。それってクビにならないの?」
「それでもクビにならないのが公務員の怖いところよ。」
この例はさすがに極端だが、適当に仕事をしていてもクビにならないという例は教員でも多く存在することだろう。
そのわりに、残業代がなく休日出勤手当てが出ないなど、時間外の仕事に対して冷遇されている印象がある。頑張れば頑張るほど損をし、サボればサボるほど得のような気もしてしまう。
子どものためにはいくらでも頑張れる!という気持ちがない人にとっては、楽な仕事なのかもしれない。

 - 仕事内容, 実情 ,