Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
教員は勝ち組?負け組? | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

教員は勝ち組?負け組?

      2015/06/20

教員が勝ち組か負け組かと聞かれたら、恐らくほとんどの人が勝ち組と答えるだろう。給料も平均より多く貰えるし、リストラの心配もない。誰もが認める、抜群の安定を誇る職業だ。
しかし、背景が異なれば価値も異なる。今では最高の殺し文句の「安定」だが、なぜ安定に価値があるかと言えば、今の日本経済が決して良いとは言えないからだ。景気が良くなればたちまち価値を失う。好景気下では、「安定」は即ち「つまらない」「地味」となるのだ。
今ではとても信じられないことだが、「教員にしかなれない」「教員にでもなるか」と言われた時代もあったのだ。超好景気の時代においては、責任が重い上に金持ちになる可能性の低い教員は、恐らく負け組と呼ばれるだろう。
しかし私は、そもそもこの勝ち組とか負け組とかいう価値観を疑問に思う。自分が幸せかどうかのジャッジを、他人に任せているからだ。何が幸せかは人によってそれぞれ違うし、その人が幸せかどうかは本人にしか解らない。
好きなことをして食べていけるなんて、それだけで幸せなことだ。子どもが好きで、人を導くことや誰かの成長に喜びを感じることができる人が教員として生きて行くことが出来たら、誰がなんと言おうとそれは良い人生だと思う。

勝つとか負けるとか、人から見てどうかでなく、自分がどんな風になりたいか、どんな人でありたいかをきちんと考えるということを、まずは私達大人がしたいものだ。

 

 - やりがい, メリット, 労働条件 , ,