Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
教員とクレジットカード | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

教員とクレジットカード

      2015/06/20

クレジットカードの審査は、

その人にいかに信用があるかで合否が決まる。

 

この場合の信用とは支払い能力に対するものなので、

どのような職業に就き、どこに勤務しているかが大きな判断材料になる。

 

とは言え、クレジットカードのコールセンターに

マニュアルとして職業別のランキングがあるわけでも、

社内で公開されているわけでもないようだ。

 

しかしながら、お客の職業によって

クレジットカードの審査の合否は大きく異なるらしい。

 

今回、この記事を書くにあたりいろいろ調べている中で、

クレジットカードのコールセンターに勤務していた人が、

その実体験を元に作成した、クレジットカードの

職業別信用度ランキング見付けた。

 

これがなかなか面白い。

 

この格付けで、公立の教員はなんと21段階中2番目の格付け。

 

国家公務員や開業医と同じランク付けだ。

 

事務所を構える弁護士や公認会計士、パイロットよりも

上のランクなのである。狭き門をくぐり抜け、

高収入のエリート中のエリートというこれらの職業だが、

公立校の教員の方が信用度の方が高いのだ。

 

というのも、クレジットカードの支払能力の信用度においては、

収入が多いか少ないかよりも信用の方が大切なのだ。

 

絶対に潰れない所に勤務し、リストラもない公立教員は、信用満点である。

 

ちなみに私立校の教員になると7番目のランクなので、

全体からするとかなり良いが、同じ教員でも

公立に比べると大分下がる。

 

これは、公立校の教員が公務員であるのに対し、

私立校は経営が破綻する恐れもあるからだ。

 

 - やりがい, メリット , , , ,