Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3456
全国に広がる教員のサークル | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

全国に広がる教員のサークル

      2015/06/20

ネットやSNSの発達に伴ってか、

教員のサークルが増えて来ている。

 

規模も様々で、中には全国規模のサークルもある。

 

活動内容としては、授業作りや学級作りの方法についての

勉強会や模擬授業、講師を招いての講演会、

仕事上の悩みについて話し合う会など様々だ。

 

定期的に集まっている所もあれば、

SNS上で活動しているサークルもある。

 

対象者も、教員や教員志望者なら誰でもという所もあれば、

臨時教員、教員採用試験合格を目指す人、教員志望者、

小学校教員や中学校教員のように、

対象者を限定しているサークルもある。

 

一定の成果も収めているようで、

子ども達が授業を楽しんでくれるようになった、

学級崩壊していたクラスを立て直したという声も多く聞かれる。

 

仕事をこなすだけでも本当に大変だと思うのだが、

わざわざプライベートな時間を割いてこうしたサークルに

出入りする教員が多く存在することに驚いた。

 

それだけ多くの教員が、自分の仕事に誇りとやりがいを感じ、

向上心を持っているということだ。これは大変素晴らしいことである。

 

また、学校の外に自分と同じ立場の人と腹を割って話せる

場所があることで、適度な息抜きにもなるし、刺激になる。

 

私も同業者や近い立場の人と定期的に会う機会を設けているが、

情報交換になるだけでなく、思わぬアドバイスをもらったり、

仕事を続ける活力をもらったりしている。

 

 

初任者のための研修や教員のメンタルヘルス対策に、

文部科学省や各教育委員会、学校側も取り組んでいるが、

教員一人一人がスキルアップや心のメンテナンスに

取り組むことが何より大切だ。

 

今後こうしたサークルがますます活気付いてくれることを願う。

 

 

 - 労働条件 ,