Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
教員の日常、本当にいるの?モンスターペアレント | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

教員の日常、本当にいるの?モンスターペアレント

      2014/08/20

 

中学校の教員をしていたことがあると話すと、

かなりの高確率でされる質問の一つが

「モンスターペアレントとか居た?」である。

 

結論から言うと、私は幸か不幸か遭遇したことはない。

 

ここだけの話だが、自分に関わりの無い件で、

安全な場所からであれば見てみたかったなとは思う。経験として。

 

さて、ここでモンスターペアレントとは何か確認しておこう。

 

新語時事用語辞典によれば、

モンスターペアレントとは、「自己中心的な理由から、

学校・教職員に対して非常識で理不尽な要求を突きつけてくる保護者。

いわゆるクレーマーの一種。本来ならば児童の自助努力や親同士、

コミュニティー間で解決が図られるべき事柄に対しても、

一方的に学校に押し付けようと圧力をかける。」だそうだ。

 

この定義に照らし合わせれば、モンスターペアレントの話は聞いていた。

 

前にも話した通り、職員会議の時には

生徒に関する様々な情報がやり取りされる。

 

誰と誰が仲違いしているとか、他校の生徒と衝突があったとか。

 

その中に、モンスターペアレントの定義に当てはまる

保護者に関する情報もチラホラあった。

 

と言っても、ドラマで見るようなスーツのマダム軍団や

威勢のいい親父が校長室に乗り込んだりする話は無かった。

 

「○○の件で、○組の△△の親御さんと

お話をしましたが、ご理解頂けず…ごにょごにょ。」

せいぜいこの程度だ。

 

せいぜいと言いつつ、私には十分衝撃だった

(絵面としての派手さはないが)。

 

だって、我が子が起こした問題で

学校に呼び出されてるんですよ?その状況で

 

「うちは放任主義なんでー」「それってうちの子悪くなくないですか?」

「学校で起こった問題なんだから、学校で指導してくれないとー」

こんな反応が飛び出すというのだから驚きだ。

 

もう1つ。運動会についてのアンケートの集計結果に

「駐輪マナーが悪く、自転車を停められませんでした。

もう少しきちんと管理して頂きたいです。」

 

他の先生方がどう捉えたかは解らないが、

私は目が点になった。

保護者の方が散らかしたものを、先生が管理するんですか?

 

余談だが、このアンケートに

「運動会という呼称は子どもっぽいと思います。

中学校なら体育祭でしょう。」というのがあった

 

。私が中学生の頃も体育祭だったが、わざわざアンケートに書くほどのことだろうか(^^;

 

 - 仕事内容, 悩み ,