Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
学校と教員への幻想が教員に与えるストレス | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

学校と教員への幻想が教員に与えるストレス

      2015/06/20

そもそも、「学校は勉強だけするところではない」この前提が間違ってはいないかと考えている。
学校は勉強するところであり、教員は勉強を教えるのが仕事である。学校という小さな社会で、子ども達は他人との接し方や目標に向け努力することなど様々なことを学ぶ。そこには教員がいつも存在し、人生の先輩として見守ったり導いたりする。それだけの話ではないだろうか。
例えば、社会に出ても様々な出会いがある。人間関係や生き方など、仕事を通じて学ぶことも多いだろう。しかし「会社は仕事だけするところではない」という人はいないだろう。どこまで行っても、会社は仕事をするところだ。
長い年月を掛けて、私達は「学校」という場所に意味を持たせ過ぎてしまったのではないだろうか。そしてまた、大人が子どもに対してすべき仕事を、学校にばかり押し付け過ぎたのではないだろうか。これでは教員がストレスを抱えて当然だ。
教員自身が、教員という仕事に誇りを持ち、勉強以外のあらゆることを児童生徒に教えることを喜びとするのは、本当に素晴らしいことだ。「学校は勉強だけするところではない」まさにそういう言葉が言える人にこそ教員をやって欲しいと願う。
しかしながら、それは周りが過剰に期待して良いことではない。教員にばかり教育を押し付けるのではなく、私達大人一人一人が、親として、地域の大人として、また社会の先輩として、それぞれの立場と責任から子どもの教育を考えなければいけない。

 - 仕事内容, 実情 , , ,