Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3456
真面目過ぎる教員は損をする | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

真面目過ぎる教員は損をする

      2015/06/20

睡眠時間も満足に取れず、過労死に至ってしまう教員や、精神や体を壊して休職や退職を余儀なくされる教員も多い中で、「暇な教員」というのも存在するという。
部活動の顧問を引き受けなかったり、校務分掌も楽な仕事ばかりを選んだり。普通の神経を持っていれば、他の同僚に仕事を押し付けて自分だけサボるなどという真似はできないと思うが、どこの世界にも一定数いるものだ。
授業を生徒以外に見られる機会は少ないので、公開授業など以外で手を抜くこともいくらでもできるだろうし、生徒の提出物の評価も、殆ど見ずコメントもせず、判子だけ押すことだってできる。
問題なのは、公務員であるがゆえに、結果を出さなくてもクビにならず毎年昇給することである。
教員が頑張る原動力は、児童生徒への愛情や、教員としての仕事への誇りや使命感だ。出世や昇給と日々の仕事への尽力が結びついていないので、子ども達を愛し、教員という仕事にプライドを持つ教員、真面目過ぎる教員にばかり仕事が集まってきてしまうのだ。
しかし、こうした真面目過ぎる教員こそ、社会からも子ども達からも、真に必要とされる存在である。
素晴らしい教員ほど病気や過労死のリスクが高く、そこまで行かずとも自分の人生を楽しむ時間が持てないようでは、学校教育への不安は高まる一方である。面倒な仕事を引き受ける教員、結果を残した教員が正当に評価される制度と社会が作られることを、切に願っている。

 - 実情 , ,