Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
教員の労働時間を減らす為に皆ができること | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

教員の労働時間を減らす為に皆ができること

      2015/06/20

優秀で熱心な教員ほど労働時間が延びてしまい、過労死や心身の病気のリスクが高まってしまうというお話をした。
私の子どもも幼稚園に通う年齢になり、自分が保護者という立場になって他の保護者と接していると、「親はそこまで教員に求めるのか」と驚くこともある。
保護者の意識が変われば、教員が無駄な仕事をする時間が減り、その時間をもっと有意義な仕事に使ったり、教員自身のリフレッシュに当てたりすることができるはずだ。
幼稚園では生活に関することも教えてくれるし、同じ年の子が良い競争相手になり、幼稚園で新しいことができるようになることもある。しかし、幼稚園で教え始める前に各家庭で教えておけば、教員の負担はかなり減るだろう。完璧にできるまでにしなくても、「幼稚園で教えて当然」という意識を変えることができれば、教員が「やらなければいけない」仕事は少なくなっていく。
自分の子どものことを教員に押し付けるのと同じく、他人の子どものことを教員に押し付けるのも問題だ。いじめや学校内の事件事故の報道を観て、「学校は、担任教員は何をしていたのだ」と憤る。このことに罪を感じないかもしれないが、世論は社会を動かすのだ。学校や校長、担任のせいにばかりする風潮が、各都道府県教育委員会への抗議になり、教育委員会が各学校に対応を求め、結果として要請に応えるためだけの取り組みが行われる。その結果、教員の無駄な労働時間が増えてしまい、生徒のために本当にすべきことや教員自身のために当てる時間が減ってしまう。
いじめや生徒の素行に、学校側や教員に何の責任もないとは言わない。学校にいる間は、教員が生徒を守ってくれなければ困る。しかし、根本の原因は問題を起こす生徒を生み出した家庭である。学校という社会に子どもを送り出す前に、その小さな社会で生活できるように教育しようという気持ちを持たなければならない。

 - 仕事内容, 労働条件 , ,