Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
教員の勉強会や研究会 | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

教員の勉強会や研究会

      2015/06/20

教員になって暫くすると、それぞれに悩みが出てきたり、行き詰まりを感じたりすることもあるだろう。
私自身も感じていることだが、人にものを教える仕事をしていると、教えた分だけ学びたくなるものだ。仕事で日々アウトプットした分インプットしたくなるのかもしれないし、日々成長している児童生徒を見ていると、繰り返し同じことを教えている自分が、まるで立ち止まったように感じるのかもしれない。
そんな時、教員にももちろん学ぶ機会はある。全国組織の教育研究団体から地域や仲間内のサークルまで、様々勉強会や研究会が存在するのだ。
こうした勉強会、研究会の情報は、教育専門誌や雑誌にも掲載されているし、インターネットでも情報を得ることができる。全国組織の団体では、毎年研究大会を開催し、雑誌なども出版している。長年の実績もあるので、安心して学ぶことができるだろう。また、規模は小さくとも、一人一人が積極的に活動できるサークルも違った魅力がある。それぞれの学びたいこと、その時の悩み、適正によって、自分が元気になれて成長できる勉強会を選ぶと良いだろう。
私は、教師こそ誰よりも学び成長する必要があると思っている。自分が立ち止まっていては、成長することの喜びを教えることはできない。
こうした研究会や勉強会に参加する、教員の枠を超えて様々な人と接する、本を読む。そうして刺激を求め新たなことをインプットすることで、同じ一時間の授業でも多くのことをアウトプットできるのではないだろうか。

 - 仕事内容, 労働条件 , ,