Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3456
教員免許の種類 | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

教員免許の種類

      2015/06/20

教員になるためには、教育職員免許法に定められている教育職員免許状を取得する必要がある。教員免許という呼び方が馴染み深いだろう。
教員免許には、大きく分けて普通免許状、特別免許状、臨時免許状の3種類がある。この中で一般的なのは、教職課程のある大学などで必要な単位を取ることによって授与される、普通免許状である。普通免許状は、幼稚園教諭普通免許状、小学校教諭普通免許状、中学校教諭普通免許状、高等学校教諭普通免許状、特別支援学校教諭普通免許状、養護教諭普通免許状、栄養教諭普通免許状の7つに分けられる。このうち中学校と高校の免許は、各教科別になっている。
これらの普通免許状は、修学レベルでさらに3つに分けられる。大学院修士課程修了を基礎資格とする専修免許状、大学卒業(学士)を基礎資格とする一種免許状、短期大学卒業(短期大学士)を基礎資格とする二種免許である。ちなみに私が持っているのは、中学校と高等学校国語科の第一種免許状だ。
小学校教諭の一種免許状は、文部科学大臣の認定を受けた教員養成課程のある国公立大学の教育学部、私立大学の文学部教育学科で取得するのが一般的である。二種免許状は、短期大学の初等教育学科などで取得可能だ。
通信制大学で取得する方法や、小学校教員資格認定試験に合格して二種免許を取得する方法もある。
特別免許状と臨時免許状は、教員免許を持たない社会人が教員となったり、持っている免許状以外の教科を担当する場合のための免許である。どちらも各都道府県の教育委員会が必要と認めた場合、推薦に基づいて実施される試験に合格すると授与され、その都道府県限定の資格となる。
特別免許状を持つ教員は、3年以上の在職と所定の単位の修得で、普通免許状を取得することができる。

 - 仕事内容, 労働条件, 採用 , ,