Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3456
教員のヘアスタイルと生徒のヘアスタイル | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

教員のヘアスタイルと生徒のヘアスタイル

      2015/06/21

前回、校則で禁止すべきはワックスなどの整髪料でなく、学生として相応しくないヘアスタイルだと書いた。
調べてみると、ネットの掲示板などでも「なぜ先生は良くて生徒は駄目なのか」「他の生徒もやっているのに自分だけ注意された」という相談や不満は多い。
その中で、
「うちの学校では、どうして教員の茶髪は良くて生徒の茶髪は駄目なのか、という生徒からの不満が大きくなり、教師の茶髪が禁止になった。」
というエピソードがあった。
こうしたことには賛否両論あって当然だ。そんなに簡単に折れてしまうなんて、学校側はなんと頼りない、という考え方もあるだろう。私も最初に読んだときは驚いた。
しかし、この場合は実際にどんな経緯で校則が変わったか解らないが、もしも生徒達が署名を集めるなりして生徒の意見をまとめ、学校側と話し合い、学校側も生徒達の意見に納得した上で校則を変えるのならば、むしろ自主性と行動力のある素晴らしい子ども達だなとも思う。先生に注意されて陰で文句を言うだけの生徒より、余程立派で頼もしいではないか。ちなみに私はブーブー文句をたれていたクチだ。
学校側も、頭ごなしに押さえつけるだけでなく、「自分達がきちんと意見を持ち、前向きに話し合えば状況を変えることができる」ということを学ぶ機会を、ヘアスタイルに関する校則を通じて生徒に与えたのかもしれない。
と言っても、生徒と同じ規則を教員にも課すべきだとは当然思わない。教員と生徒、大人と子どもという立場の違いがあり、ヘアスタイル1つとっても相応しいものは異なるのだ。生徒が不満を訴えたとしても、規則は規則だと毅然と対応すべきだ。

 - 労働条件 , ,