Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
教員同士の恋愛は難しい? | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

教員同士の恋愛は難しい?

      2015/01/07

職場の同僚同士が結婚することになると、

皆が祝福する。しかし、付き合っている間は隠すと言う人も多いようだ。

 

周りを見ていても、職種に関係なく、

同僚やお客さんと恋愛関係になった場合、

恋愛中は周りにはばれないようにして、

結婚が決まってから報告したという人が多い。

 

大概はなんとなく周囲も察していたり、信頼できる人にだけは

話していたりするのだが、自分達からおおっぴらにしない限り、

周りも大人の対応をしてくれるようだ。

 

中にはオープンな交際をしていて、

周りに応援されるカップルも存在する。

 

では、教員の場合はどうだろうか?

 

子ども相手の仕事である分、恋愛中と結婚が決まってからの

周りの反応の格差が、一般企業に勤める人より大きそうだ。

 

前にも話したかもしれないが、私が通っていた中学校で、

教員同士が結婚した。交際中も生徒は皆知っていたが、

冷やかされたりネタにされたりするくらいで、

悪く言われることはなかった。

 

結婚が決まった時も、皆とても喜んでいた。

 

全部が全部このように平和に行けば良いが、

実際は難しいこともあるようだ。

 

まず、恋愛関係になったからと言って

必ずしも結婚するわけではない。

 

教員同士が恋人関係にある間は祝福していても、

付き合ったり別れたりを繰り返しては、

さすがに生徒にも悪影響だろう。

 

そして結婚することになった場合、

公立の教員なら次年度からは

どちらかが異動になることが多いようだ。

 

入籍が決まった時点で報告し、

3月に入籍して4月から別の学校へ、というケースも多いらしい。

 

 

私立の場合は、その学校に雇われているので

異動することはない。

 

この場合は、どちらも今までどおり働き続けるか、

女性の方が退職することもあるようだ。

 

周りに迷惑を掛けることのないよう、いろいろと気を遣うようだ。

 

 - 実情, 採用, 退職 , , ,