Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
教員の僻地手当て | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

教員の僻地手当て

   

僻地手当とは、僻地に所在する公立学校に勤務する教員への手当てである。

 

「僻教育振興法」及び、僻地教育振興法施行規則に基づいて、

各都道府県が条例によって定める僻地等級に応じて額が決まる。

 

学校が所在する地域の状況に応じて、一級から五級までの5段階と、

準僻地学校の合計6段階があり、数字が大きいほど

僻地の程度が大きいとされ、手当ての額が大きくなる。

 

なぜこうした手当があるのかというと、

僻地における教育水準の向上のためである。

 

山間地や離島など、交通の便に恵まれない

地域に住む子ども達も平等に教育が受けられるように

法律が定められているのだ(僻地教育振興法)。

 

この僻地教育振興法において、文部科学省令で

定める基準を参酌して、各都道府県が条例で

「僻地学校」を指定することが定められている。

 

駅や停留所までの距離、病院までの距離、

高等学校までの距離、郵便局までの距離、

スーパーマーケットまでの距離、市の中心地までの距離等を

基準として点数が決まっており、その合計に応じて等級が決まる。

 

ちなみに離島の場合、本土からの定期航行の回数や、

本土からの海上距離等による加点がある上、

各種施設が島外に所在する場合の加点もあるため、

各種施設までの距離等の条件が同じ場合には、

他の地域にある学校に比べ、離島の学校の方が合計点数が高くなる。

 

この僻地等級に基づいて、僻地手当の額が決定される。

都道府県によって額が異なり、例えばある県では、

準僻地学校で4%、僻地学校の一級で8%、二級で12%、

三級で16%、四級で20%、五級で25%が教員の給与に加算される。

 

こうした情報は各都道府県のホームページで公開されているので、

配属される可能性があるなど、興味のある場合は調べてみると良いだろう。

 

 - 労働条件 ,