Warning: strpos() expects parameter 1 to be string, array given in /home/users/2/lolipop.jp-blackkigyou/web/kyouin-tensyoku.info/wp-includes/functions.php on line 3411
教員採用試験に向けて『ランナー』『オープンセサミ』って何? | 教員の転職あるある

教員の転職あるある

教員が転職を考えるきっかけとなる悩み、大変なことなどをまとめました。

*

教員採用試験に向けて『ランナー』『オープンセサミ』って何?

      2014/09/15

 

教員採用試験に向けて勉強するには、大学受験同様、

参考書や過去問題集などが必要だ。

 

それに加えて、面接や論文の対策、

実技試験(小学校の場合、ピアノや水泳など)の対策も必要になってくる。

今回は、特に参考書と過去問題集についてお話ししたいと思う。

 

教員採用試験の参考書で特に有名なのは、一ツ橋出版の「ランナーシリーズ」、

東京アカデミーの「オープンセサミシリーズ」である。

 

いずれも書き込み式の参考書で、シリーズの中には「一般教養」「教職教養」

「小学校全科」など、様々なタイトルの物が出ている。

 

このタイトルは、ランナーもオープンセサミも大体同じのようだ。

 

どちらのシリーズも一見したところは大きな違いは見られないので、

両方を手に取って、自分と相性が良さそうな方を選ぶなり、

既に受験した先輩の意見を聞くなどして決めると良いだろう。

 

ただ、これらを解いていれば試験対策は万全と言う訳ではない。

 

自治体によって出題傾向が異なるので、まずは数年分の過去問題を入手して、

出題傾向を探ると良いだろう。

 

過去問題については、各出版社から問題集も出ているし、

各自治体に問い合わせれば入手できる。

 

また、自治体によっては、ホームページ上で

過去問題や実技試験の内容、面接の質問例を公開しているところもある。

 

最初は何から始めれば良いか解らないという人もいるかもしれないが、

ネットで調べれば受験経験者の体験談などがたくさんヒットする。

 

必要なものや、いつ頃何をするかが詳しく書かれているので、参考になると思う。

自分が受験する自治体を受験した先輩が身近にいれば、話を聞くのも良いだろう。

 

教育実習や就職活動、卒業論文と重なり、受験勉強も大変だと思うが、

教員採用試験を受ける皆さんの合格をお祈りしている。

 

 - 採用 , , , ,